ag竞咪厅,ag竞咪网站,ag竞咪技巧五金制造有限责任公司欢迎您

ag竞咪厅,ag竞咪网站,ag竞咪技巧五金制造有限责任公司

パソコンの拡張スロットについて/パソコン購入

DELLデスクトップPCレビュー

DELLノートパソコン・レビュー

パソコン・パーツ

カスタマイズ・ナビ(パソコン・パーツ知識) ≫ インターフェース 拡張スロットについて

PC内部/拡張スロット

拡張スロットには、「PCIPCI Express×1PCI Express×16」という規格があり、それぞれの拡張カードにあった規格のところに取り付ける须要があります。×1とか×16というのは、構造上のレーン数です。パソコンによっては×4、×8というのもあります。それぞれデータの転送速度が異なり、レース数が多いほど高速です。(それぞれの速度はこのページの真下に表でまとめています。)
ただ、ですべてカスタマイズするのであれば、ここは全く気にしなくていいです。先の拡張作業は、保証外のことなので本身責任にてお願いします。

「PCI Express×16 」はグラフィックカードに使われます。「PCI Express×1 」はあまり利用されていません。IEEE1394のような端子を拡張カードで増設する場合は「PCI」がほとんどです。
▲上の写真では、PCI規格のカードが2枚挿せます。気を付けないといけないのは、自分で拡張カードを購入した場合は本身責任になること。そして規格があっても拡張カード自体のサイズはまちまちなので、パソコン内部でぶつからないようにスペースを確認した上、購入することです。

PCI Express×16に装着


▲この写真は別のパソコンにて、グラフィックカードを「PCI Express×16」に挿したときのものです。見ての通り接続端子がパソコン不和にきます。
同様に「PCI」にIEEE1394の拡張カードを挿せば端子がパソコン不和にきます。

PCIカードの一例

PCIカード


周辺機器が、一般的にサポートされなくなった旧規格の端子の場合、PCIカードで対応できます。また、もっとUSB端子がほしければ、増設する事もできます。
見ての通りPCI規格なので差込口は同じですが、ボード自体のサイズに巨细があります。パソコン内部で干渉しないように、ボード自体のサイズもチェックしておきましょう。

カード


▲PCI規格のLANカードを取り付けたデスクトップパソコン。

スリム型パソコンは、ロー・プロファイル対応が须要

ロープロファイルのグラフィックカード


グラフィックカードも拡張カードも同じことが言えますが、拡張スロットに搭載するカードには「標準タイプ」と「ロー・プロファイル」があります。
上の写真のものは標準タイプで売られていますが、「ロー・プロファイル」対応なので、ロー・プロファイル対応のブラケット(金属板)がついています。

ロープロファイル対応


ロー・プロファイルとは、いわゆるスリム型パソコン用の短いブラケット(金属板)が取り付けできるタイプのことです。ロー・プロファイル対応で販売されているときは、このように短いブラケットが付属しています。

ロープロファイル


実際、取り付けるパソコンの不和を見てみましょう。
左のは拡張性があるパソコンで、標準タイプの拡張カードが取り付け出来ます。
右がスリム型のパソコンで、ロー・プロファイル対応でないと搭載できません。

ロー・プロファイル対応のブラケットを取り付ける

パソコンの拡張スロットについて/パソコン購入


ビス止めを外し、標準のブラケットを外します。

DVIのグラフィックカードに


ロー・プロファイル対応のブラケットを取り付けるとスリムになるので、これでスリム型のパソコンに搭載できます。

インターフェースの最大速度

Copyright © 2019 保温设备有限公司 All rights reserved